Raw-power

ryotaraw.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 27日

BIOGON

さて
日曜は私29回目の誕生日でありまして
さすがにこの歳になるとさして重要なイベントでもなく
ほぼ毎年、自転車にでも乗って過ごしておりましたが
今年はあいにくの雨・・・ 
せっかく20代最後を楽しむ予定だったのに・・・・

はい嘘言いましたごむんなさい。

前日は軽く呑みすぎまして程よい二日酔いの誕生日
当然、暇を持て余してしまった暇人たちが集いつつ
何故だか野郎三人で浜松へ鰻を食いに行くツアー決行
やはり疲れた身体には精のつくものを注入しないとな


しかし
この浜松は久しぶりに来たが
相当ヒップな街にバージョンアップしており正直ビックリした

c0124849_412415.jpg


c0124849_4201.jpg

まずは外国人の多さにビビります
まぁ自動車工場が多いので当然といえば当然なんだけど
大げさじゃなくすれ違う人の5割くらいが外国人ってくらい多い
しかも多国籍軍だ ここは何処?

そして

c0124849_346513.jpg

日本人の若者が壊滅的にイケてない・・・
これはかなり深刻な問題ではなかろうか・・・・
今どきピストの一台でも走っていて良かろうに
がんばれ浜松!

でもって
なぜだか街のそこかしこにレイドバックした人々が

c0124849_482090.jpg


c0124849_4104679.jpg


c0124849_4112337.jpg


c0124849_4115017.jpg


あんたら
どんだけダラダラなのよ? 
浜松大丈夫か?

あぁ東海のカオス
なんともエキゾチックで不思議な街でありました
てっとりばやく近場で外国感覚を味わうには良いかもね(笑)
そして被写体の宝庫
ストリートスナップには最高でありました。

で結局のところ
[PR]

by ryota-rawpower | 2008-05-27 04:28 | Evil eyes
2008年 05月 19日

Bible

ここんとこごぶさたなのである

万事まったくもって放置なわけだが
写真だけはアホのように撮っては吐き出していたのである 
いやどちらかといえば垂れ流しなのである

最近はflickrに完全にハマっていたので
むしろTextよりも写真で自己表現なのである。

しかし他人の写真を見るのは楽しいし刺激になる
その辺がflickrの素晴らしいところなんだけど
素敵な写真を求めてflickr内を徘徊していると一つの法則に気がついた

良いなと思い気に留める写真のほとんどが銀塩写真だった訳
いわゆるフィルム写真ってやつ
なぜだか理由はわからないがそうなのである。

わたくし最新のテクノロジーも大好きなのだけど
実はけっこう古い人間でございまして
やっぱり写真は現像してなんぼなんじゃないかと思いつつ
悶々としていると
そういや過去に買いあさったお気に入りの写真集が沢山あるではないか
と気がつき
今週末から自分のつたないコレクションを鑑賞しまくっていたのであります。

なかでも一番のお気に入りの一冊がこれ
というかバイブル(ちょっと有名すぎるけど)

c0124849_128130.jpg

Robert Frank: The Americans

ストリートスナッパーなら基本の一冊にして必見
混沌とした中の空虚な感じがたまりません 
多くは語らないけれどまさにバイブル。

大好きなビート作家ジャックケルアックによる序文も最高です
この人のOn the Roadは本当によく読んだな 
これまたバイブル。

次の一冊も写真好きにはあまりに有名ですが

c0124849_1494819.jpg


Diane Arbus: An Aperture Monograph

これも初めて見た時は衝撃的だったなぁ
僕が女性の撮る写真が好きなのはここにルーツがあるのかもしれません
わざわざ東京まで写真展を観に行ったのが懐かしい・・・・
多くは語りませんがこれまたバイブル

最後に一冊
持ってる写真集の中では比較的新しいものなんだけど
これもお気に入りです

c0124849_1544641.jpg


Gentle Giants: A Book of Newfoundlands

短編映画『トゥルーへの手紙』で有名なBruce Weberの作品
カルバンクラインの広告写真って言った方が解り易いかな
単純に犬本だがこれまたバイブル

これは何気なくふらっと入った本屋で見つけて買ったんだけど
多くは語りませんが観れば観るほど最高の一冊です。
この本今はなんだか超入手困難みたいでプレミア付いてえらい事になってますね・・
今んとこ売る気は全然ないけれど(笑)

ちなみにコレクション目的で写真集を購入する際のワンポイントアドバイスっていうか
常識なんですが、なるべくファーストロット(初版)を買うって事
説明が面倒なんで割愛するけど価値が全然違います
(凸版印刷の原理が解れば簡単です)

でもまぁ結局の所
気に入ったんならなんだっていいんだけどな

ってことで今日のところはこの辺でおしまい
また気が向いたら紹介する(かもしれない)

Keep on Shooting !! PEACE
[PR]

by ryota-rawpower | 2008-05-19 02:19 | Evil eyes
2008年 05月 02日

Ce qui sera, sera

おバカなフランス人珍道中の続きですよ

前回のエントリーFlickrにて関係者各位様に
誤解及び苦情等の物議をかもしだしましたが

わたくしLEICAのM6なんて決して買ってはおりませんのよ
ええ けっしてな。



c0124849_2348578.jpg


実はヤンのM6でした(笑)
関係者のみなさま ビビらせてごむんなさい。

さて
このヤンはかなりの写真オタクと思われます
M6もそうだしフィルム撮影に拘ってるとこが素敵

c0124849_0111621.jpg



なにげにスナップ用にはYASHICAのT5を使用
渋いね わかってるね
c0124849_2359278.jpg

このカメラ見た目普通なんだけど実はツァイスレンズのTessarが付いてて
海外有名カメラマンの使用率が高い しかも何故かウォータープルーフ
京セラ製なのでたぶん写りはT2あたりと同等と思われ。

なんだかすっかり俺もオタクモードになっちゃいましたが
この写真オタクのヤンのおもりがこれまた大変でして・・・・

ヤン曰く 『日本はカメラ天国だ クレイジーだ!!!』だそうです
まぁユーロ高も手伝ってか欧州に比べると相当安いみたい

コメ兵→中古カメラ市→アサヒドーカメラ→ヒダカカメラ→またコメ兵と怒濤のカメラ屋巡り

まぁ俺も嫌いじゃないし付き合いましたがね
さすがにお腹いっぱいです

しかしこのヤン君 買うったら買う(笑)

Nikonのパワーグリップやらバッテリーやらストロボ関係やら
しまいにはマミヤの中盤カメラまで買いそうになってたけど
さすがにこれは止められてましたが・・


今回の一番の買い物は・・・

c0124849_03623100.jpg

Carl Zeiss Planar T * 1.4/50mm

c0124849_0345329.jpg


このレンズ良いんだよなぁ
かつて自分もCONTAX時代に使っておりました。

ヤン君はこれでいったいどんな写真を撮るんでしょうね??

この人実はかなりかっこいい写真撮ります
ヤンのHP

ってかこの人、写真集まで出してるやないの! なめてました
でもやっぱり銀塩写真は温かくて味があって良いですな。


そんなこんなですっかり最近カメラモードではありますが・・・・

わたくしすっかり感化されまして
[PR]

by ryota-rawpower | 2008-05-02 01:04 | Gods of Heaven